愛犬のためにドッグフードには何を求めていくのが良い?

愛犬

ドッグフードには色々な種類があるので、犬の健康のことを考えると飼い主は真剣に考える必要があります。

 

たかがドッグフードと侮ってはダメで、犬が毎日食べるものなので愛犬のためには、やはり慎重に選んであげることが大事です。

 

一番にドッグフードに求められることと言えば、おそらく安全であることに間違いはないのでしょうが、良いドッグフードを見分けるには何を求めていけばいいのでしょう。

 

原料選びが大切

 

愛犬には良いドッグフードを与えたいものですが、数ある種類の中から選ぶとなると容易ではありません。

 

評判の良い商品を選ぶのが手っ取り早いのかもしれませんが、アレルギーのことを考慮すると無添加のものが望ましいと思われます。

 

安いものをまとめ買いしておくのも悪くはないのですが、本当に安心して与えられるドッグフードを選ぶとすれば、原料選びが大切なポイントになります。

 

パッケージ表示を確認しましょう

 

安全を基準に賢い選び方をするなら判断基準は原料で、パッケージの表示を見るとよくわかりますが、色々な種類の原料が用いられていますよね。

 

愛犬のためには、栄養素がバランス良く含まれているドッグフードを選ぶことが大切なのですが、市販されている種類は多岐に渡るので選ぶのは大変です。

 

選びの基準としては、愛犬の体調や健康を考えながら与えるのがベストなのですが、まずはどのような原料が使用されているのかをしっかりと精査していきましょう。

 

ドックフードの良し悪しを的確に見分ける

 

ドッグフードは、栄養素が豊富に含まれていて、使用されている原料がアレルギーの心配のない安心できるものが良いのですが、良いドックフードを見分けることが先決です。

 

最近はドッグフードの種類も非常に増えてきているので、その中からベストの物を選ぶのは非常に難しいものがあります。

 

そのため、良いドッグフードを探すというより、まずは与えてはいけない悪いドッグフードを判断する方が手っ取り早いです。

 

良くないドッグフードの見分け方例

 

たとえば、

 

  • 肉副産物や肉骨粉などを使用していて
  • 原材料がしっかり表記されておらず
  • メインの肉の明記がないもの

 

などは避けた方がいいでしょう。

 

また、

 

  • 酸化防止剤
  • 防腐剤
  • 合成保存料
  • 合成添加物

 

などが使用されているのもNGです。

 

1つでも不安な要素のあるドッグフードは与えるべきではなく、中身の内容を確認することで事前に良し悪しを判断することはできます。

 

人が食べても問題なく食べることができるドッグフードを与えるようにしましよう。

 

何より安全なドッグフードを求める

 

ドッグフードは、愛犬の健康を守るためのものであることを念頭に置きながら、飼い主はチョイスすることを忘れてはいけません。

 

そのためには、飼い主は人間でも問題なく食べることができるオーガニックの物を選ぶべきで、人間が食べても安全な良い材料を使用している物なら安心できます。

 

安心して選べるドッグフードの例

 

具体的には、玄米をベースに、チキンやトウモロコシなどの小麦配合の材料のドッグフードを選んでおけば問題ないでしょう。

 

オーガニックタイプの物はそれなりに値段が高くなってしまいますが、愛犬の健康と安全を考慮すれば、その辺はある程度妥協が必要です。

 

また、人工添加物や着色料、保存料、香料などは危険を及ぼすリスクが高いので、そうした物は使用していない無添加のタイプを選ぶと良いです。

 

無添加タイプは賞味期限が短く、保存する際は注意が必要ですが、アレルギー持ちの愛犬でも安心て食べさせることができますよ。

 

犬の健康状態に合わせてドッグフードを選ぶ

 

愛犬のためにドッグフードを選ぶ際は、原料が明確で栄養バランスの優れた物が推奨されますが、犬によって適切な栄養バランスは違うことも知らなければなりません。

 

大事なのは、愛犬の体の健康状態を常に管理しながら、体重の推移をきちんと見極めていくことです。

 

日々の健康状態を把握しながら、犬の状態に合わせてドッグフードを選んであげることが大切になります。

 

飼い主は、全ての犬にとって最高のドッグフードは存在しないことをまず認識すべきで、それぞれが持つ弱点をカバーしながら摂取していくことを心がけなければなりません。

 

いかにして、その犬にふさわしい栄養バランスのとれた食事を与えてあげるかが重要なので、そこを理解しておけば、ドッグフードに何を求めるべきか自然と見えてくるでしょう。

 

日々、しっかりと生活習慣を観察しながら、愛犬にとって最も理想的なドッグフードを選んでいくように努めることが一番大事なことなのです。

 

愛犬のためにドッグフードに求めるべきものは、何より安全な物を選んであげることが大事で、健康を守るために利用するべきものであることを認識することです。

 

健康のためには、原材料が明記されていない物や添加物が含まれている物は避け、オーガニックの栄養豊富な無添加タイプがおすすめです。

 

ただ、適切な栄養バランスは犬によって違ってくるので、飼い主は普段から愛犬の健康状態に留意しながら、最もふさわしいドッグフードを選択できるよう努めていきましょう。